前へ
次へ

離婚裁判の費用を減らす方法

協議離婚で離婚ができない時に、調停離婚に移りますが、調停離婚でも決着がつかない時に離婚裁判が開始されます。裁判を開始する方が原告となり、初期の訴訟費用を負担する事になりますが、手数料や郵便切手代等を支払う必要があり、数万円程度の費用が発生してきます。離婚裁判を開始したい時に絶対に必要になる費用だけに、費用負担を減らしたりするのは難しいです。しかし訴訟費用は完全勝訴した時に相手に全ての負担を任せられるので、完全勝訴をすれば負担が無くなるので、裁判で勝つ事が負担を減らす方法になります。離婚裁判をするには訴訟費用だけでなく、弁護士費用も必要になりますが、弁護士費用は大きく料金が変動してきます。先ず依頼をする弁護士よって料金が違ってきますから、安い料金の弁護士に依頼をした方が費用の負担自体は簡単に減らす事ができます。しかし離婚裁判の目的は裁判で勝つ事ですから、負けてしまうような弁護士に依頼してしまうと、結果的に訴訟費用も負担する必要がでてくるので、注意が必要です。

Page Top