前へ
次へ

離婚裁判は決めることは決められますが

離婚裁判で様々なことを決めたとしてもそれが実際に実行されるかどうかというのはかなり怪しい部分があります。法律上離婚できるというようなことは間違いないのですが例えば慰謝料の支払いとか養育費の支払いといったようなものも離婚裁判で正式に裁判の決定として行われるということになるわけですが、相手の支払いに関することまで裁判所が保証してくれるというわけではないので、何かしら担保をとったりとして保証人をとったり、ということなどをするのがよいでしょう。そういうことが正しくできるような弁護士誰を選ぶということが離婚裁判においてとても重要なことになります。しかしどんなに優秀な弁護士であろうとも相手に支払い能力がないということになりますともはやどうしようもないということでもあります。離婚裁判で大事なことはある程度は妥協することでしょう。そもそも揉めているわけですから、どのラインを最低限にするのかをしっかりと話して決めておくことです。

Page Top