前へ
次へ

協議離婚と離婚調停それでもだめなら離婚裁判

協議離婚や離婚調停で決着がつかず離婚裁判で争われることは、金銭問題の慰謝料の請求や財産分与の問題です。また夫婦に未成年の子どもがいる場合は、親権者の決定や養育費の請求問題も争われます。不貞行為を行った側の有責配偶者が離婚請求をしても、民法が定めている法廷離婚原因が必要となるため認められません。法廷離婚原因とは不貞行為があることで配偶者意外と性的関係を持つことです。悪意の遺棄にあたる同居と夫婦生活の拒否や扶養義務を怠るなども含まれます。他にも3年以上にわたって生死が不明なことや、精神病で回復の見込みが無い場合と重大な婚姻を継続し難い事由があることです。これらの理由に1つでも該当していないと離婚裁判は開くことはできません。裁判を起こしたい人が裁判所に必要書類を持参して提訴します。人事訴訟手続法第一条の決まりで管轄する裁判所は夫または妻のどちらかが、住所を有している場合はそこの地方裁判所の管轄区域内で提訴します。夫婦が共通の住所を全く有していない場合は夫婦どちらかが住む管轄裁判所に提訴します。

Page Top