前へ
次へ

弁護士がいなくても離婚裁判は可能

弁護士のなかには離婚を専門にしている所謂「離婚弁護士」が知られているため、離婚裁判には弁護士が必要だと思っている人は少なくないでしょう。しかし、実は弁護士がいなくても離婚裁判をすることができます。離婚を希望しているけど相手がそれを応じてくれないとき、必要な書類を家庭裁判所に提出するだけであとの流れは裁判所がしてくれます。確固とした証拠を持って離婚だけを望むのならば、弁護士がいなくても十分に離婚裁判で離婚を勝ち取ることはできるでしょう。ただし、提出した証拠が曖昧だったり、離婚だけでなく慰謝料なども請求したいとしたとき、さらに思いもよらない事態になったときなどを考えると、弁護士の協力が大きな力になることは間違いありません。そのため、確実に離婚したいと考えているならば多少お金がかかってでも離婚弁護士を雇うのがベストです。また提訴された側も離婚をしたくないと望むならば離婚弁護士に活躍してもらえば、離婚を免れる可能性が高まるでしょう。

Page Top