前へ
次へ

離婚裁判の判決には同意は求められない

協議離婚は互いの話し合いで離婚をする方法で、お互いにいろいろ話し合って納得した上で行うことになります。その時にはいろいろな条件が出ることもありますが、お互いがそれに同意すれば協議離婚が成立します。もし同意できなければ無理に行う必要はなくその次の段階の調停離婚に進めばいいでしょう。一定の法律知識などがある調停委員に自分の意見を伝えると双方の意見を勘案して調停案を出してくれます。ただこちらも納得できなければ同意する必要はなく、同意がなければ離婚は成立しません。調停離婚が成立しなければ離婚裁判をすべく訴えることができます。離婚裁判においては裁判所で互いに言い分を言って最終的に裁判官が判決を下します。この判決に同意できないことがあるかもしれませんが、判決に対しては同意がなくても離婚を成立させる効力があります。ただ同意できないからと言ってそのまま諦める必要はありません。判決に不服があるなら不服申し立てを行うことで再度裁判を行うことができます。

Page Top