前へ
次へ

離婚裁判は時間がかかることが多い

離婚裁判が提訴してから結審するまでの時間は、裁判の内容に異なってきます。というのも、提訴してから約1か月後に口頭弁論(裁判)が行われます。1回の口頭弁論で結審することができれば、要した時間は1か月程度ですみますが、そこで判決がまとまらない限り日にちを改めて再度行われることとなるのです。離婚裁判は双方の意思の不一致で起こる場合が多いため、1回の口頭弁論で終わることは少なく2回で結審することがほとんどです。そして、口頭弁論の間隔は約1か月ほどなので、何回も続いてしまうと一年以上も離婚裁判が続くケースもあります。これはあくまで家庭裁判所での結審です。その判決に片方が不服申し立てて控訴すると、高等裁判所さらに最高裁判所へと続くケースもあり、そうなると最初の提訴から数年間も裁判を重ねることとなります。そのため、離婚裁判では時間がかかることで精神的負担が重くのしかかってしまうことも決して少なくありません。

Page Top